中山道を歩こう!清流の里 醒井渓谷と養鱒場

中山道を歩こう!清流の里 醒井渓谷と養鱒場

県立醒井養鱒場

【醒ヶ井へのアクセス】
国道21号線 醒ヶ井周辺の案内マップはこちら

中山道醒井宿から4km山懐へ入れば丹生川・宗谷川の清流や湧水が川底を洗う景勝地
醒井渓谷があります。そこは春の桜・夏の深緑から秋の紅葉まで四季折々の自然が
私達を楽しませてくれます。今日はその中心 醒井養鱒場へ行ってみましょう。

醒井養鱒場は霊仙山から湧き出す川の清流と広い河川敷を利用し明治11年(1878)に造られた
日本初の県立孵化場です。

醒井養鱒場
醒井養鱒場
醒井養鱒場

【県立醒井養鱒場】  観光案内 TEL:0749-54-2715  E-mail:gf30@pref.shiga.lg.jp
★開場時間 8:30~17:00(3~6月」,10~11月) ~18:00(7~9月)  ~16;00(12~2月) 休業期間 12/28~1/4
★入場料金 大人 450円 高校生・大学生 250円  中学生以下 無料
★駐車料金 大型バス 1500円  マイクロバス 1000円  普通車 400円
醒井養鱒場の案内マップはこちら

それでは場内を歩いてみましょう。
入場は正面入口と南入口の2つあり、そのどちらにも駐車場があります、
まず正面入口近くの釣り場は有料で竿とと餌が借りられ、釣った魚は買い取りで持ち帰れます。

醒井養鱒場
醒井養鱒場
醒井養鱒場

家族揃って鱒釣り大会をお楽しみ下さい。 

醒井養鱒場
醒井養鱒場
醒井養鱒場

オゾンいっぱいの空気と清流のせせらぎ、まさに森林浴の別天地です。

醒井養鱒場
醒井養鱒場
醒井養鱒場
醒井養鱒場
醒井養鱒場
醒井養鱒場

約80万㎡の敷地内45面の飼育池では大小さなざまななニジマス・イワナ・アマゴが群泳し、幻の魚”イトウ” 古代魚”チョウザメ” 清流のシンボル”ハリヨ”なども展示飼育しています。

醒井養鱒場
醒井養鱒場
醒井養鱒場

本館「さかな学習館」には回遊水槽があり、巨大なニジマス・イトウ・チョウザメなどが
泳ぐ姿を身近に見られます。

醒井養鱒場
醒井養鱒場
醒井養鱒場

ビデオコーナーでは養鱒場の魚の生態など常時放映しています。また団体の場合は
研修室の大型スクリーンで見ることも出来ます。

醒井養鱒場
醒井養鱒場
醒井養鱒場

続いて、梅花藻・ハリヨ池へ 

ページ:

1

2 3 4
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

米原市