夏の伊吹山へ行こう

夏の伊吹山

夏特集!夏の伊吹山へ行こう!

土観光シリーズの第三弾の今回は、7月23日~9月20日の期間(年度により変更あり)のみ運行
再開する伊吹山ゴンドラを中心に伊吹山麓のお薦めスポットをご紹介します。

【伊吹山へのアクセス】北陸道米原IC 名神関ヶ原IC 北陸道長浜IC より各11km
長浜より365号線経由15分 / 木之本町より20分
21号線「一色」信号より15分

まずは伊吹山へ行く前に東海道線醒ヶ井駅の「醒井水の宿駅」で一休みしましょう。
彦根・米原ICからなら国道21号の通り道で休憩するのは大変便利です。

醒井水の宿駅 TEL:0749-54-8222 FAX:0749-54-8223
休館日:無休  営業時間:季節により異なります
★地元食材を生かした宿場料理レストランや湧き水利用の喫茶、特産品などあり 

正面(JR醒ヶ井駅に隣接)

正面(JR醒ヶ井駅に隣接)

外でゆっくり休憩も出来ます

外でゆっくり休憩も出来ます

外でゆっくり休憩も出来ます

外でゆっくり休憩も出来ます

遊具

子供遊具もあり

徒歩5分

水の宿駅でひと休み後、国道を渡り中山道の宿場「醒井宿」への散策がお薦めです。
その街並みは居醒の清水を源流とする地蔵川沿いにあり涼しげな夏の風物詩「梅花藻」が見られ、夜にはライトアップされた湧水街道を楽しむことが出来ます(期間限定)。

【梅花藻】(ばいがも) ★開花は初夏(5月中旬)から晩夏(9月下旬)、盛夏(8月)が見頃の夏の花です。
★キンポウゲ科の水中花で梅に似た五弁花から梅花藻と呼ばれています。
★梅花藻は絶滅危惧種の淡水魚ハリヨ(滋賀・岐阜県の極一部に生息)の産卵場所にもなっています。

地蔵川の清流
地蔵川の清流
地蔵川の清流

地蔵川の清流
地蔵川の清流

加茂神社・居醒の清水から十王水・西行水へ湧水が流れる地蔵川の清流、まさに癒しの水空間です。

地蔵川の清流

涼を楽しむ夏のひととき

地蔵川の清流

湧水の妖精「梅花藻」

湧水の妖精「梅花藻」

川縁の涼風が爽快

川縁の涼風が爽快

【ひとくちメモ】 醒井にはゆっくり散策が楽しめる「湧水巡りコース」もあります。
森林浴をしながら存分に湧水の道を満喫下さい。(徒歩による分数)

醒井水の宿駅→(10分)→居醒の清水→(5分)→十王水→(5分)→西行水→
(20分)→天神水→(40分)→いぼとり水→(20分)→役の行者の斧割り水→(5分)
→醒井養鱒場→(60分)→醒井水の宿駅
詳しくは米原観光協会HPまでどうぞ

20分

ページ:

1

2 3 4
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

米原市