東海道歴史街道 水口曳山祭

東海道歴史街道 水口曳山祭

毎年4月19日から20日に開催される「水口曳山祭」は江戸時代中期の享保年間、当地町人
の力により創り出された水口神社の祭礼です。

水口曳山祭
水口曳山祭
水口曳山祭

4月19日の「宵宮祭」では神社に神輿が飾られ、各町内では曳山に提灯を飾りつけ宵宮囃子
を奏でお祭り気分を盛り上げます。

水口曳山祭
水口曳山祭
水口曳山祭

水口神社境内に桃や白の紙で彩り鮮やかに奉納された花飾りは「ホイノボリ」と呼ばれ、
日野から当地に一帯に伝わる特有のもので、まさに春を感じる枝垂れ桜のようです。
「ホイノボリ」は五穀豊穣を願い江戸時代から継承されてきたと言われています。

水口曳山祭
水口曳山祭
水口曳山祭

4月20日の「例大祭」は朝に各町内を出発した曳山と纏田楽が松並木を水口囃子にのり
巡行し水口神社へと入ります。

水口曳山祭
水口曳山祭
水口曳山祭

巡行する曳山に桜の花が散りかかる情景豊かなその光景はまさに時代絵巻のようです。

水口曳山祭
水口曳山祭
水口曳山祭

祭礼に曳山が登場したのは享保20年(1735年)、当時は9基が巡行し、最盛期には
30基余りに達したと伝えられています。

水口曳山祭
水口曳山祭
水口曳山祭

水口の曳山は「二層露天四輪の作り山」という構造で複雑な木の組み合わせや精巧な彫刻
で作られています。

水口曳山祭
水口曳山祭
水口曳山祭

曳山は華やかな飾り付けと共に屋上に「ダシ」と呼ばれる人形を乗せて町内を巡行します。
その構造上、解体はせず組み上がった状態で各町内の「山倉(蔵)」に収納されています。

水口曳山祭
水口曳山祭
水口曳山祭

水口の曳山は現在16基(田町/片町 松原 作坂 旅籠 東 湯屋 大池 池田 柳 大原
呉服 平 米屋 天王 河内 天神 各町)にあり、そのうち1基が毎年交替で水口歴史
民俗資料館に展示されています。

水口曳山祭
水口曳山祭
水口曳山祭

水口神社には当地を開拓した祖神「大水口宿禰命」が祀られています。また江戸時代に
水口宿の繁栄と共に社殿が整備され藩主加藤氏の保護を受け今も「大宮さん」と呼ばれ
親しまれています。

水口曳山祭
水口曳山祭
水口曳山祭

祭礼を引き立てる「水口ばやし」は曳山に乗った若衆が巡行にあわせ奏で、神前の曲として
「ガク(額)」と「オロチ(大蛇)」があります。また巡行の曲としては「バカ(馬鹿)」「オオマ(大
廻・大馬)」「ヤタイ・ヤタエ(屋台・八妙)」「四丁目(シチョウメ)」「桜ばやし」などがあります。

水口曳山祭
水口曳山祭
水口曳山祭

水口ばやしの楽器は大太鼓・小太鼓・鉦・篠笛、緩急の変化豊かで勇壮な調べは江戸の
「神田ばやし」の流れと言われています。

水口曳山祭
水口曳山祭
水口曳山祭

水口ばやしは各町内で毎年3月下旬から連日練習され、毎夜町並みに流れるはやしの
音色に人々は近づく祭と桜咲く春の到来を感じます。

水口曳山祭
水口曳山祭
水口曳山祭

夕刻 曳山は提灯に火をともし戻って行く「帰り山」が行われます。

水口曳山祭
水口曳山祭
水口曳山祭

こうして美しく郵送な姿を披露しつつ華やかな水口曳山祭の幕は閉じられます。

水口曳山祭
水口曳山祭

【水口曳山祭に関する詳細は下記までどうぞ】

甲賀市水口町観光協会  TEL:0748-65-0708 ホームページ
水口神社 TEL:0748-62-0231

【最後に】
東海道の宿場町として繁栄した水口宿で古くから行わそのれる伝統神事「水口曳山祭」、
そのメインは十六基にも及ぶ豪華絢爛な曳山であり、その中で奏でる力強い水口ばやし
独特の音色。そんな江戸時代の歴史と文化の中へ是非お越し下さい。

[取材/編集 坂田]

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

甲賀市