合同会社P・A・C|講師 加賀屋 克美

加賀屋 克美(カガヤカツミ)

出身:東京   最終学歴:ディズニーカレッジプログラム (アメリカ)

職歴:東京ディズニーランド(株 オリエンタルランド)

1990~1994年 運営部運営課配属(アトラクション運営)

1994年~2000年 ディズニーストアジャパン(店舗販売員・海外勤務)

2000年~2001年 タリーズコーヒージャパン(店舗責任者・販売促進部)

2001年~2005年 アトラクション メンテナンス(泉陽興業・富士ライト商事)

o0800060010166520272【主な著書】

・「働くことの喜びはみんなディズニーストアで教わった」
こう書房

・「ディズニーランドが教えてくれた「お客様を大切に想う気持ち」」こう書房

がある

主な講演テーマ

☆「ディズニー 仕事が楽しくなる感動のエピソード」

ディズニーでは、「お客様を大切にする」「お客様を想いやる」、実際にはどういう言葉や行動で表現しているのでしょうか?と言っても、ディズニーは特別なことをやっていません。彼らの仕事・サービスの極意とは「当たり前のことを当たり前にやる」。これに尽きます。では何が他の会社と違うのでしょうか? それは「当たり前のこと」を「徹底」していることです。加賀屋氏が日米のディズニーで体験した感動のサービスから、皆さんにお話します。

☆ディズニーランドが教えてくれた「お客様を大切に想う気持ち」

~心の奥を優しく揺さぶるサービスって、こういうことなんだ!~

ディズニーランドに行くと、みんなが笑顔になる。 それは、なぜ? 理由はいくつかあるけれど、そのなかでも大きな理由は、そこが 「お客様を大切に想う気持ち」 に満ちた場所だから。
あなたが受けた感動や喜びも「お客様への想い」から生まれてる。 そこにはどんな「想い」があるのか。
ディズニー博士 加賀屋克美が、ディズニーランドおよび ディズニーストアのキャスト(従業員)として経験・体験したお話ではなく、「ゲスト(お客様)」としてキャストさんから受けた「感動の サービス」や、素晴らしい接客をしているキャストさんを見て「感動したこ と」「嬉しかったこと」などから、「お客様のことを大切に想う」とはどういう ことかをテーマにお話しします。

☆人働くことの喜びはみんなディズニーストアで教わった

(日米のディズニーランドで教わったサービス)

ディズニーランドで働く人がが仕事をするということの 大前提に考えていること・・・・
それは、ゲストに喜んでもらうことだけ

「普段、人が人として想うことを、仕事でもしてください。」と言うこと

・ディズニーランドの会社のライバルは、この世に存在する全ての会社

・働くキャストの敵は→慣れ、

・サービスは掛け算である。どんなに良くても、最後の評価が悪ければ 今までの高評価は全てゼロになる。

・ディズニーランドではいらっしゃいませとは言わないコミュニケーションをとる等

サービスの原点を日米のディズニーを例にお話します。

専門分野

・顧客満足度向上
・ホスピタリティ
・おもてなし向上

費 用

講師費用(要相談)+交通費(新浦安より、特急は指定席、宿泊が必要な場合ビジネスシングル)

講師費用は人数により要相談。

※予算に応じた講演・セミナーをご提案させていただきますのでまずはお問い合わせ下さい。

所属,肩書き等

有限会社 加賀屋感動ストアーマネージメント 代表取締役

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

(合)P・A・C

おすすめ記事

  1. 2017-12-14

    Lavi vol.03
  2. 2017-10-5

    草津あおばな
  3. 八幡堀