グループホーム オアフについて

グループホーム オアフ

グループホーム オアフ

認知症の方にとって生活しやすい環境を整え、認知症状の進行を穏やかにし、ご家族の負担軽減のお手伝いをいたします。

業種
認知症対応共同生活介護施設
交通
JR「草津駅」から徒歩10分

TEL:077-516-0678

〒525-0034 滋賀県草津市草津2丁目5-24

※お問い合わせの際は「ビビっとナビ.comを見た」とお伝えください。

名称未設定-2

認知症対応型共同介護 グループホームオアフの紹介

ご家庭でのあの自由な暮らしを大きな家族の中で、それがオアフの理念です。時には外で買い物を楽しむ、あるいは大勢でのドライブ。そんなこれまでと同じ日常の中で専門スタッフによる生活を通してのケアを実践しております。年を重ねてもなお美しく生きていただきたいから、オアフは大きな家族です。

oahuFloar[1]

グループホームとは?

認知症の方が小規模な生活の場で小人数の共同住居の形態で、食事の支援や掃除、洗濯などをスタッフが利用者と共に共同で行い、一日中家庭的で落ち着いた雰囲気の中で生活を送ることにより、認知症状の進行を穏やかにし、家庭介護の負担を軽減に資することにあります。

グループホームオアフでは認知症の方にとって生活しやすい環境を整え、少人数の中で「なじみの関係」を作り上げることによって、生活上のつまづきや行動障害を軽減し、心身の状態を穏やかに保つことが出来ます。
 

認知症グループホームのケアについて

認知症の方が混乱しないで普通の生活を送ることができるようにすることを何よりも優先します。認知症の方が「心身の痛みを緩和し」、「心を癒し」、「生活に満足できる」ように導きます。

  1. 慣れ親しんだ生活様式が守られる暮らしとケア
    (束縛のない家庭的な暮らし)
  2. 認知障害や行動障害を捕い、自然な形でもてる力を発揮出来る暮らしとケア
  3. 少人数の中で一人一人が個人として理解され受け入れられる暮らしとケア
    (人としての権利と尊重、個人の生活史と固有の感情)
  4. 自信と感情が生まれる暮らしとケア
    (衣・食・住全般に生活者として、成人した社会人としての行動、役割を回復)
  5. 豊かな人間関係を保ち支え合う暮らしとケア
    (家族、スタッフ、地域社会、入居者同士との)


大きな地図で見る

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

グループホーム オアフ