記事の詳細

ま㐂のま㐂のの第一印象を一言で言うと「あんな所にこんな素敵なお店があるなんて!」でした。外観はシンプルで飾り気のない印象で、人によって地味と感じるかもしれません。だからこそ、お店の中に入るまでは、お店の様子は全く想像がつきませんでした。
まきの外観

「お料理は何を食べても美味しい」と知り合いに教えてもらったのが、きっかけでした。一度行って以来、お料理や店内の落ち着いた雰囲気に魅了され大のお気に入りになってしまいました。ほんとにすっごく美味しいのです。あまりにも感動したので早々に和食の大好きな母親を連れて行って親孝行をしてまいりました。

ま㐂のは、母の日や還暦のお祝いなど特別な日に大切な人をおもてなす場所としてぜひともお勧めしたいお店。店内は、カウンター席のほか個室もあり、ゆっくりと食事を楽しむことが出来ます。小さな子ども連れでも周りを気にしないで良いので安心です。
お造りの盛り合わせ

肴や ま㐂の(浜大津)同じ料理を京都で食べると2倍以上のお値段はするんじゃないでしょうか。気になる値段はというと、お料理は6000円~10000円のコースで、これ以外にもお値段・ご要望に応じてコースをご用意して下さいます。

私が食べたのは6000円のコースだったのですが、6000円とは思えないぐらい豪華に感じました。
その時のお品書きは、
すっぽん茶碗蒸し、真魚鰹の木の芽焼き、お造りの盛り合わせ、鯛の新緑蒸し、はもざく(ガラスの器にかわいい鈴が・・)ズワイガニのもずくと酢の物、小鮎の風干しの天ぷら、食後のデザート
器に鈴が入っていたり、工夫の凝らした盛りつけで、味だけでなく目で見て楽しむ事も出来るお料理がどんどん出てきて、ただただ感動です。
次々出てくる料理に食べられるか少し心配になりましたが、胃袋は不思議ですね。 美味しいものはお腹が膨らんでも食べられるものなんだなと実感しちゃいました。

ページ:

1

2

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


california michael