記事の詳細

希望が丘文化公園滋賀で最大規模の公園といえば希望が丘文化公園!
総面積が416ヘクタールもある、壮大な自然公園。私も幼少の時によく行き、思う存分遊び汗を流した思い出があります。私にとって、とても思い出深い公園。子供の頃は両親と兄弟でアスレチックや滑り台を楽しみ、物心が付いた頃は彼氏と一緒に希望が丘で手作りのお弁当を持ってデート。あー、懐かしい…そして今も尚…結婚をして一児の母となり、娘を連れて家族でよく行く公園の一つ。
希望が丘文化公園で水遊び

希望が丘文化公園希望が丘文化公園は大きく分けて、スポーツゾーン、文化ゾーン、野外活動ゾーンと3つのゾーンに分かれています。中でもスポーツゾーンの一つ芝生広場は、その広大さに圧巻!関西最大級です。芝生の広場にシートを広げ、お弁当を食べている家族、フリスビーやキャッチボールを楽しむ親子、広大な芝生を駆け回っている子供たち。どこまで行っても芝生・芝生・芝生!芝生広場の中には池や川もあり、本当に自然がいっぱい!池にはカモやアヒル達が遊んでいます。池の傍で子供がアヒルを釘付けになって見ている光景も。

暖かい時期になると川に入って水遊びをする子供たちがいっぱい!
川といってもコンクリート整地された人口の川なので、深い危ない川ではなく親としても安心して子供を遊ばせることが出来ます。川の幅もそれほど広くなく大きな石を橋代わりに行ったり来たりする子供たちも。
希望が丘文化公園トランポリン

希望が丘文化公園遊具さて、スポーツゾーンの中でも子供たちに大人気の滑り台やアスレチックにトランポリン。私も子供の頃はこの三つが目的で希望が丘文化公園に行っていたものです。滑り台はかなり長い滑り台!滑り始めるところに行く方法として、アスレチックのようなロープの橋を渡っていくか、階段を上っていくか…滑るまでにかなり体力消耗。でも、頑張って登った甲斐あり滑っているときの爽快感は絶品! トランポリンはロープで作られたトランポリンなので、シナッシナッとやわらかい弾み。3段構造になっているのも面白い。
希望が丘文化公園フィールドアスレチック

希望が丘文化公園 フィールドアスレチック中でも私が子供の頃必死になってやっていたのが、フィールドアスレチック!45ポイントもあるので、結構時間がかかりポイントのよっては難易度の高いポイントもある本格的なアスレチックです。1時間半から2時間ほどかかって大量の汗を流しながらゴールしたのを思い出します。今はまだ娘が小さいので幼少の思い出を胸に横目で見ながら通り過ぎていますが、娘が大きくなったら一緒にしてみたい…私の体力があればですが、ね(笑)。

あと球技場やテニスコート、陸上競技場、スポーツ会館、ピクニックランド、グランドゴルフといった施設もあり、サークル活動やいろいろな大会で活用されていたりもします。

文化ゾーンには「青年の城」という研修施設があります。随分昔ですが、中学校のときに 私も学校行事の野外活動で、青年の城に宿泊した思い出があります。施設内には研修室、会議室、宿泊室がありいろいろな研修で活用されています。

最後に野外活動ゾーン。こちらはキャンプ場やキャンプファイヤー場、ロッジがあり、自然あふれる野外活動が満喫出来る施設になっています。 イベントもいろいろと催され、ハイキングやウォーキング、自然観察会、フリーマーケット等の催しがあったりしますよ。

他県から遊びに来た友人も、この自然溢れる希望が丘文化公園に一度行っただけで、大ファンになり毎年暖かくなると遊びに来ます。 どのゾーンも自然を満喫することが出来るゾーンです。思いっきり遊んで、美味しい空気をたくさん吸って、いい汗流して…

是非、一度この広大な大自然を満喫しに希望が丘文化公園に行ってみてください!

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


california michael